イメージ画像

病院薬剤師の求人の現状

病院での勤務を想定して薬剤師免許を取得した人も多いと思います。けれども医薬分業が進んできたこともあり、現実に病院に薬剤師転職できる方はごく少数で狭き門です。

ここでは、病院勤務の薬剤師の現状と将来的な活躍についてご説明します。一般的な求人募集を見ても病院で勤務できる求人は残念ながらほとんどありません。現在、病院勤務の薬剤師は全国で約5万人ですが、ここ数年その数字は変化していません。ですが毎年薬剤師になる人たちは1万人以上になる人気ぶりです。

調剤薬局とか全国展開のドラッグストアならば就職先はあるかもしれませんが、病院の数がそういったペースで増えていくことはありません。これが病院勤務が狭き門である理由です。

しかし、病院勤務を諦められない薬剤師もいるでしょう。それは、最先端の医療技術や情報が入るのでスキルアップできるからでしょうし、医療現場でひとりでも多くの患者様を救いたいなどの理由があるからだと思います。

では実際に病院が欲しい薬剤師はどういった人たちでしょう? 医薬分業が進んでいるのですが、実際は病院の数だけ薬剤師は必要とされており、病院内における薬剤師の分業化や専門化が進んでいるのが実態です。

<チーム医療>という形で「がん化学療法チーム」とか「栄養管理チーム」とか医師や看護師と連携してひとつの医療に取り組む場面があります。臨床の現場に立ち患者様へ対し服薬指導・研修会・勉強会の開催など薬剤師としてのスキルを磨く機会が多いです。

すでに特定の医療科目について専門知識やスキルを有している人たちや特定の医療科目を勉強したいと考えている人たちには大きな可能性があります。

まだまだ日本ではチーム医療という概念が浸透していませんが、その人のスキルや個性を生かす薬剤師を希望している病院もありますから転職を考える余地はあるでしょう。

以上、病院勤務の薬剤師の現状と将来的な活躍についてご説明しました。病院薬剤師として医療現場から医療の発展のために仕事ができるチャンスに恵まれればとてもやりがいがあるでしょう。

このページの先頭へ