イメージ画像

薬剤師が一般企業の品質管理部門に転職する理由

薬剤師と耳にして思い浮かぶイメージは、病院や薬局やドラッグストアなどの直接医療に関係する場所で仕事をする人たちです。薬剤師資格を取得した人たちは、医療関係の仕事をしたい場合が多いでしょう。

ですが、近頃は薬剤師免許を持っている人たちが一般企業へ転職する流れが目立ってきています。医薬品・化粧品・健康食品を扱う企業の<品質管理部門>への転職です。

ここでは、薬剤師が一般企業の品質管理部門に転職する理由をご説明しましょう。この理由として大きいのが、薬剤師免許を持っているだけで高収入が保証される時代ではなくなっていることです。

調剤などが実際にできる即戦力の薬剤師でなければ就職できない 世の中なのです。大学の薬学部は他の学部と比較すると10〜20倍の入学希望者がいる ほど人気が集中しています。

今後はたくさんの薬剤師の免許を取得した人たちが薬剤師の仕事を争うことになり薬剤師が売り手市場から買い手市場にシフトすることを意味します。こういった流れがあるので、薬剤師免許を持っている人たちもスキルアップや将来の生活を見極めて一般企業に転職しているようです。

では、品質管理部門の仕事について説明しますと、仕事の中心は自社製品の品質管理や薬事です。内勤勤務ですが、他部門や外部との接触も多くなり幅広い知識やスキルが要求されます。

向上心が強いタイプの人たちや自分がこれまでに磨いてきた知識やスキルを試したい人たちには向いている職場です。薬品関係の業種ならば高い評価を受けるチャンスも多いでしょう。しかし、業種によっては薬剤師の知識やスキルが直接生かせない 場合もあります。

ですが企業の人事担当者からみたら薬剤師免許を取得するだけの潜在的な能力をも含めて評価する傾向があります。就職活動に対しては自信を持って取り組めば良いでしょう。

せっかく苦労して取得した薬剤師免許を実務で生かせないから<もったいない>と感じたり、未知の業種に就職することへの不安を感じる場面はあると思います。

けれども、これからは薬剤師免許を持っているだけではなくて、その能力を生かしてどういった仕事をできるのかとか、どういった仕事がしたいのかを企業は求めています

以上、薬剤師が一般企業の品質管理部門に転職する理由を説明しました。新しい職種へのチャレンジには勇気は欠かせません。しかしこういった時代だからこそ薬剤師の資格は強い武器になります。

このページの先頭へ