イメージ画像

アルバイト薬剤師の求人先として多いドラッグストア

薬剤師資格を持つ方の転職先には、ドラッグストア、調剤薬局、病院、企業 などが挙げられるでしょう。その中でも、ドラッグストアは全国各地に多数出店されており、2000年から始めた調査によると、その店舗数は年々増え続け、2012年には17000店舗近くにも上ると言われています。

業界内の吸収合併や店舗の統廃合も進めながらも売上高が増え続けており、現在数少ない成長業界のひとつであるといえるでしょう。

店舗数が多いことからも、ドラッグストアは、自宅近くで転職先を見つけることが最も容易な就職先となっています。アルバイト薬剤師として、ドラッグストアへの求人を希望される方は、下記のサイトが参考になります

また、近年法改正によって、ドラッグストアでも処方された薬を調剤し、販売することが可能となりました。それに伴い、店舗毎に最低1名の薬剤師の有資格者を必要としています。ですから、薬剤師資格保有者は、ドラッグストアでも引く手あまたの状態です。

仕事内容は店舗によっても多少違いますが、主な仕事は医薬品についての相談や服薬の方法をお客さんに指導することです。調剤室があるドラッグストアの場合には、薬の調剤とその説明が主な仕事となります。

しかし、ドラッグストアですからそれだけではなく、他の店員と同じように洗剤や 生活雑貨品など、他の商品についての接客も仕事に含まれていると考えた方がよい でしょう。

ドラッグストア求人には、パートやアルバイトといった勤務体系が多いのも特徴のひとつです。ですから、曜日や時間帯を調整して働きたい、短時間だけ働きたい、夫の扶養控除内で働きたい、などといった、家庭を持つ女性のニーズとも合致しています。

収入は、パートやアルバイトで働く場合には時給となりますが、1500円〜2000円と いうのが一般的な金額のようです。他の業種と比べると格段に高い金額なのはいうまでもありません。例えば、1日5時間、週に5日働いた場合でも、1ヶ月に20万円ほどの収入になりますから、かなりの高収入です。

また、パートやアルバイトで働く場合なら、その責任もあまり大きくはなりません。もちろん薬の調剤や説明と言った仕事の責任は大きいものですが、店舗の売り上げの工夫などが仕事内容に含まれるわけではありません。

ですから、多少気楽であるとも言えますし、大きな責任を負うことなく働きたい、家庭を第一に考えて働きたいといったニーズに合う働き方ではないでしょうか。ドラッグストアの店舗は多くありますが、その求人を自分のニーズに合わせてキャッチするのは難しいことです。

最も労力が少ない方法のひとつに、ネットの情報を利用することがあります。数多い情報を見比べて、最も自分の条件に合う就職先を見つけてみましょう。

このページの先頭へ