イメージ画像

薬剤師転職サイト、薬局・病院・診療所での仕事

薬剤師のニーズが拡大する事によって、様々な場所での仕事が増えてきてます。ここでは、薬剤師が働く各場所でのお仕事を具体的にみてみたいと思います。薬局・病院・診療所を取り上げます。

まずは、薬局でのお仕事を説明しましょう。

薬局は医療機関の近くにあるケースが多いです。患者様は処方箋を持って行く事で、薬局で調剤してもらって薬を受け取ります。調剤するためには薬剤師の資格は必要です。コミュニケーション能力も要求されます。お薬手帳に処方した薬品のシールも貼らなければなりません。

薬の受け渡し時に体調確認も必要ですし、副作用の有無の確認も不可欠です。電子薬歴の入力や薬の在庫管理もしなければなりません。

時間に余裕があるならば、薬の予製もしますし頻繁にでるような風邪薬などは輪ゴムでまとめて置くと便利です。そして目薬は袋につめておいて、湿布は枚数をまとめておきたいですね。

こんな風に患者様がいない時間でも、薬局でのお仕事の作業量は多いのです。けれどもお薬を渡す時や、症状をお尋ねした時に患者様に感謝をされたり「ありがとう」のお言葉をいただけるのも大きな魅力だと思います。

新しい薬があれば、その考察を行う場合もあります。基本的に患者様に気持ち良くお薬を受け取っていただくことが最も大切な部分です。

薬学的な見地から医薬品を適正に使用するといった知識も持っておかなければなりません。患者様の中にはお薬の効果とか副作用や飲み合わせの質問をされる方もおられます。

そういったシーンにすぐに回答できるように知識をもっておかなければならないのです。ちなみに薬局への転職に興味のある方は、薬剤師転職サイトを活用するとよいでしょう。

病院・診療所で働きたい場合は?

病院や診療所で勤務する薬剤師は、コ・メディカルスタッフ(医師・看護師以外の医療従事者)に分類されるケースが多いです。医師からの処方箋によって調剤をします。薬局では行わない注射剤の調剤なども多いのです。

一定数の専属薬剤師を置くことが医療法で定めてられています。整っていなければ特定機能病院として開設することはできないのです。それ以外にも薬剤師は、治験審査委員会や感染制御チームまた栄養サポートチームなどのメンバーとして活動します。

医療法によって病院などでは、医薬品を適正に使用するために管理をする「医薬品安全管理責任者」を置くことが義務化されています。また、病院や医師が常に3名以上勤務している診療所では専属の薬剤師を置かなければならないのです。一部都道府県知事の認可を受けている場合は例外規定もあります。

病院、診療所では薬物動態理論や臨床薬理について専門的に深い知識を持った薬剤師、薬を処方するためだけの薬剤師、専門家が必要となってきているのです。

<< 薬剤師の求人転職、お役立ちサイト >>

かつて正社員として働いていたものの、一旦退職し、また再就職を考えている薬剤師向けの情報サイトです。

治験コーディネーターの役割と重要性について

治験コーディネーターとは、新しく開発された薬が実際に使われる前に、本当に安全であるかとか、薬の成分が有効であるかを確かめるために活躍する職業です。

薬を開発した製薬会社と、実際に現場で薬を使う医療機関、そして薬を服用する被検者が治験に関わりますが、これらの人たちの調整役をしたり、サポートをするのが治験コーディネーターです。

インフォームド・コンセントという言葉を聞いたことがあるかと思いますが、治験の際は被検者に、治験の目的や薬についての説明を行います。

<関連サイト>
「インフォームド・コンセントの現状と課題」

まだ市場に出回っていない薬を服用するわけですから、被検者は薬のことを詳しく知る権利があります。その新薬を服用することでどのような効果が得られるのか、また副作用の有無など大切な事柄を分かりやすく説明してもらい、納得した上でないと治験はできないのです。

これらの説明(インフォームド・コンセント)は治験責任医師が行いますが、治験コーディネーターもその場に同席します。医師だけが説明すると専門用語などもあり、被検者に伝わりにくいかもしれません。その場合は治験コーディネーターが補足説明をすることもあります。

また被検者が不安を感じたり、疑問に思う点が生じた場合も、治験コーディネーターは質問に答えたり、相談に乗るのです。治験コーディネーターが間に入ることで、被検者はより治験のことを理解できるようになり、スムーズに治験が進むことになります。

実際に治験が始まってからも治験コーディネーターには仕事があります。薬をきちんと飲むように指示したり、生活指導を行うのです。また被検者が医師の元を訪れる予定を管理したりもします。

治験が無事に終わるまで、常に被検者の様子を気遣って、万が一異常が発生したらすぐに医師に連絡します。被検者は不安な気持ちを抱えていることが多いので、なるべく安心して治験を全うしてもらえるように、治験コーディネーターは細かく気を配る必要があります。

福利厚生充実は看護師転職でも魅力的

旦那様の扶養に入っているからとか、社会保険などを引かれるよりも手取りを多く。という方の場合、福利厚生充実はあまり関心がないようです。主婦をしながら扶養範囲内でちょっとだけ仕事を。というのなら、手取り額を多くし、税金対策もしたくなるものです。

ただ、福利厚生が充実しているということでは、各種保険だけではなく、育児休暇がいただけるのか、介護休暇がいただけるのか、お子様が小さいなら院内、または徒歩圏内に24時間利用できる保育所があるかということまで含まれてきます。お子様が小さいならとても是非とも利用したい制度です。

しかし、福利厚生の充実では独身の方にも大きなメリットがあります。正規職員として採用された場合、基本的に各種保険に加入することとなり、退職時には失業保険だって受けることができます。雇用保険に入っているからです。

労災に入っているのなら仕事上での健康被害トラブルにも使えます。健康保険でもそれが可能です。その場合、休職せざるを得ない時に使えるということです。

また、入職中での妊娠出産では、産休が取れる(それがあけたら復職でき、退職しなくても良い)というのもメリットですし、それプラス、子が1歳になるまでという育児休暇が認められている場合、断乳まで子育てに専念できるのです。

医療施設がある立地条件(離島、田舎あるいは都会)によっては、シングルマザーにも独身者にも嬉しい「寮完備」という転職先だってあります。特に離島の場合には手当が大きいとも言われており、最新医療に携わることはできませんが、ゆったりとした流れの中で仕事をしながら生活をすることだって可能なのです。

福利厚生の充実ではその他にもメリットが有ります。長期休暇の確保(交代制になるかもしれません)、スキルアップのための研修制度があることなどです。

もしもあなた自身が給与以外のメリットを希望するのなら、給与額だけにとらわれずに職探しをすることをオススメします。途中で長期休暇が出る可能性があっても、復職しやすい長く働ける場所として考えてみましょう。

このページの先頭へ